【合格体験記】Oさん(社会人)

那覇市役所(消防職)最終合格

僕の簡単な自己紹介をすると、これまで那覇市の消防吏員を目指して5回受験し、全て一次で落ちてました。その落ち方も毎回ボーダーギリギリで落ちていたので、来年は大丈夫とずっと独学で勉強してました。しかし受験年齢も差し迫り、受かる保証もないので、公務員塾で調べた結果、ここの〝Li-Shu HRD(リシュ)〟が働きながら通える条件にも良さそうだったので、入塾を決めました。

 結論から申し上げますと、ここの塾のおかげで合格することが出来ました。塾の流れは先生から与えられた課題をこなしていくものでしたが、この課題が実に的確で、僕の苦手分野を付いていくような指導をしてくださいました。ここが参考書との睨めっこでは決して埋められない、塾での個人授業の強みだと感じました。毎週塾に通い、数的処理を主に行い、それ以外は自分で暗記科目を進めていく流れで試験まで進みました。その甲斐あって、初めて一次試験を通過することが出来ました。

 二次試験に至っても、重要な論文、個人面接の分野でもしっかり対策していただき、初の二次試験でもさほど気負いせず臨むことができ、結果として最終合格をいただきました。

 本当もっと早く通えば良かったと心底思ってます。僕が勉強する上で大事にしたのはリズムです。オンオフをしっかりして、出来る日と休む日を明確に決めて効率良くやりました。中途半端が1番良くないです。1年間独学で勉強していくのはなかなか厳しいものがあります。無理なく続けられる方法をご自身で確立していくのが1番です。僕の場合、毎週の塾が上手く噛み合っていいリズムが作れたと思ってます。
 二次試験の面接ですが、人と話すのは元々好きだし得意な方でした。それは僕の性格や経験から形成されてると思うので、それが苦手な人もいるでしょう。それを克服するためには積極的に他人と話すようにする。これに尽きると思います。例えば店員さんだったり、分からなければ施設の職員に訪ねるなど。こう言った積み重ねが人と話す緊張感を無くしてくれます。
 長くなりましたが、一次試験は自分との闘いです。ここを突破しなければ何も見てもらえません。
しかし勉強だけ出来ても受からないので、人と話す癖をつけていれば二次試験も大丈夫だと思います。

 冒頭にも言いましたが、僕は5回一次で落ち、6回目で合格しました。最後まで諦めず、夢を勝ち取ってください。同じ境遇の人の励みになれれば幸いです。
 本当にありがとうございました。

【講師よりコメント】

体験授業に来た時点ではわかりませんでしたが、本授業に入ると数的推理の解き方に迷いがあることがわかりました。そこで全て方程式でゴリゴリ解く方法を教えると期待以上に早く習得してくれて、入塾2か月では多くの問題を方程式のみで解けるようになりました。その後はテーマを潰しながら弱いところを強化していくという方法で順調に実力を伸ばすことができました。
那覇市消防職の二次はかなりの難関ですが、これも難なくクリアしてくれました。体験記には話すのが好きだからと書いていますが、実際は快活で律儀で大人としてお手本のような方で中身も伴っています。私も見習う部分が多々ありました。

Oさんへ 改めて、長年の目標・夢の達成おめでとうございます。大人でも、強い気持ちを持って挑戦することはすごいし、素晴らしいと間近で感じさせられました。体験記を読んで、私も挑戦しようという気になりました!笑
いろいろな話をしながらの授業で生徒というよりは仕事の後輩ぐらいな感覚だったので、これから更に楽しく活躍していくんだろうなーと容易に想像できます。那覇市消防吏員として活躍しているところを消防車好きな息子と応援しに行くのでトップを目指してこれからもがんばって!(屋良)

1月の日程

1月は4日からの営業のため、祝日・第5週も授業があります。

成人の日1月10日㈪、第5週1月31日㈪は通常通りの営業になります。

年末年始について

今年の営業は12月28日㈫まで、12月29日㈬から1月3日まで休校、来年の営業は1月4日㈫からになります。

コロナ禍の中、今年も無事に営業し終えたのは皆様の協力、サポートのおかげだと感じております。ありがとうございました。

看護後期対策生徒募集

看護専門学校の後期一般入試受験の生徒を若干名募集します。

後期で合格するには弱点の克服と人物試験の強化が必要です。

直前期でも効率よく実力がつくように個別指導で親切丁寧に指導します。

受講料等は通常と変更ありません。電話・メールにて気軽にお問合せください。

公務員コース生徒募集について

公務員コースの生徒を5名程度募集します。

入塾の前に体験授業を受けて頂きます。平日18時~21時の間の1時間程度です。その際にはご相談等にもお乗りします。当日の入塾お申し込みは受け付けておりませんのでご了承ください。

体験授業を希望の方は下記の内容をリシュ宛メールにてご連絡願います。(営業時間内は電話でのご連絡も受け付けます)

通常、メール受信から2営業日以内に日程をご連絡いたします。返信がないときはお電話いただけると幸いです。

なお、次回の募集は12月以降を予定しております。

リシュのメールアドレス

lishuhrd@gmail.com

メール記載事項
  1. 氏名
  2. 電話番号
  3. 志望官庁・職種
  4. 受験歴(勉強歴)
  5. 体験授業で受けたい科目
  6. 苦手な科目の有無(あれば科目名)
  7. 聞きたいこと・相談したいこと等

学校推薦型・総合型入試対策

来週以降、席に若干余裕が出ます。

学校推薦型・総合型入試対策でお困りの方がいましたら、ぜひこの機会にご利用ください。

直前期でもひとりひとり丁寧に指導しています。

新年度生徒募集

4月より公務員試験(大卒/高卒)、大学入試(推薦/AO/一般/編入)、看護入試、各種小論文試験対策のための生徒を新たに募集します。

入塾を検討されている方は無料体験授業をお申し込みください。⇒無料体験授業

(中学生/高校受験はこちら⇒個別指導塾ピコ

今年度はコロナ対策で生徒間の距離を広げかつ確実に仕切り、1日の生徒数を最小限にするということをしてきました。具体的には、可能な限り隣席は2メートル以上離し、対面用の高さのあるパーテーションを増設、1日の生徒受入数を最大6人としました。

コロナ対策ではありましたが、そのおかげで一人の生徒を今まで以上にじっくりみることができて高いレベルでそれぞれに合う指導ができたと感じております。生徒さんも区切られた広いスペースでストレスなく集中して学習できているように思えます。

新年度も同様のシステムを取り、今後のスタンダードにする予定です。

マスク着用、消毒、換気もこまめにして、体調の悪いときは授業を休んでもらうなどの生徒の協力もあり、無事に今年度を終えることができそうです。一年間ご協力ありがとうございました。

年末年始の休校について

年末年始は以下の期間休校となります。

12月28日㈪~1月3日㈰

1月4日㈪より通常通り営業します。

休校期間における新規のお問い合わせはメールにてお願いします。

lishuhrd@gmail.com

【合格体験記】Mさん(当時看護専門3)

名桜大学人間健康学部看護学科 3年次編入試験合格

私は、編入学試験の約2か月前に入塾し、小論文の対策を始めました。同じ看護学校から名桜大に編入学した先輩の勧めで、私はこの塾を知りました。試験まで残り期間が少ない中、看護学校の卒業論文や実習も並行して取り組んでいたため、内心とても焦っていました。また、看護学校の入学試験で小論文対策をしたことがあったものの、小論文を書くことに自信はありませんでした。

 週1コマの授業に向けて、私は主に名桜大学の過去問題に取り組み、宿題として1、2本の小論文を仕上げていました。そして授業では、書いてきた小論文を先生に添削していただいている間に、1コマの時間内に1本の小論文を書きました。入塾当初、私が書く文章は全体的にふわっととしていて、読み手に自分の主張がうまく伝わらないことが多かったです。自分自身でも、本当に言いたいことが文章に表現できていないと感じていて、書けば書くほど自分に自信が持てなくなっていました。問題文の本質を捉えている小論文が書けるのも、3本に1本の確立でした。でも先生は、いつも私にとってプラスになるような言葉をかけて下さって、私は前向きにコツコツ取り組むことができたのだと思います。仕上げた小論文は、先生が目を通した後、まず全体的に自分が何を言いたかったのかを聞いてくれて、解釈しづらかった表現をどう修正したらよいか、具体的に教えてくれました。とにかく自分に欠けていたのは、自分の考えが読み手に伝わるよう明確に表現することだったので、この指導方法が自分にすごく合っていたのだと思っています。過去問題を一通り終えてからは、先生が用意した問題や、以前書いたものと同じ問題を違う方向性で書くことで、自分の思考の幅を広げていきました。また授業以外の時間では、先生が勧めてくださった参考書を使って、要約や漢字の勉強をしました。先生は小論文だけでなく、願書や面接練習にも対応してくださり、編入学試験のすべてを支えていただいたと感じています。実習期間の寝不足で全く文章を書き進められなかった時には、私の体調を気遣って早めに授業を切り上げてくれたのを今でも覚えています。授業時間を延長して指導してもらうこともあり、いつも私のペースに合わせて関わってくださいました。短い期間でしたが、忙しい日々でも塾に通うことが楽しく、そして無事に合格することができたのは先生の力が本当に大きかったと感じています。実習と試験対策を両立できるか、試験までに小論文の完成度を上げられるか不安や焦りもありましたが、合格することができて本当に嬉しかったです。

編入学してから、大学生活に慣れるのには少し時間がかかりました。特に、新型コロナウイルスの影響で講義の大部分がオンラインで行われたことで、教員や他の学生と関わる機会も少なく、不安でした。また、予想していたよりも認定されている科目以外で履修しなければならない科目が多くあり、前期は本当に忙しかったです。しかし編入生の5人は、学校生活のほとんどを共に過ごすので、お互いに支え合い充実した学校生活を送ることができました。この塾で一緒に編入学試験の対策をした2人とも、大学で仲を深めることができて嬉しかったです。また保健師になるために必要な専門科目を履修することで、保健師活動の知識や技術を学ぶことができ、自分の将来像もだんだんと明確になってきました。大学に編入して半年が経ち、自分が学びたかったより専門的な学習に心をワクワクさせています。

【講師よりコメント】

Mさんは看護専門学校を首席で卒業したつわものです。

本人が体験記で分析している通り、最初の頃の文章はふわっとしていて、何を伝えたいかがわからないけどなにかすごいことを言っているかもしれない!というような文章でした。よくよく聞いてみると、頭の中には既に世界観があり、それを問題文に沿って切り取り表現するスキルがまだ備わってないという感じだったので、どう考えるかというよりもどう表現するかという点を中心に指導しました。最終的にはYさんと同様に私の評価できるレベルを超える答案を書けるまでになりました。

今では大学の授業でもものすごく良い発言を連発して、Yさんにイジられているようです。

Mさんへ 旅行気分で入試に行ったという話は笑いました。さすが体育会系。その余裕で、将来は沖縄の保健行政を引っ張っていけるはずです。Mさんの熱い予防の話を聞いて初めて自分の病気予防について考えられるようになったので、きっと他の多くの人たちの心も動かせると思います。活躍が見られるのが待ち遠しいです。(屋良)