【大学受験】学校推薦型・総合型・一般入試対策

リシュでは大学受験コースの生徒を募集してます。

入会の際には事前に体験授業を受けていただくようお願いしております。大学受験で個別指導を検討されておりましたら、ぜひ気軽にお問合せください。体験授業の際には進路相談、勉強方法のアドバイスもしております。

【合格体験記】Nさん(社会人)

琉球大学法科大学院 入学者選抜試験(C日程)合格

 私はロースクール入試対策で、リシュに入塾しました。初めて先生に連絡した時、ローの入試に特化した塾ではないから別のところでやった方がいいと思います。と言われたのを覚えています。でも、とりあえず体験してみたく、お願いして、一度体験授業を受けさせてもらいました。入学試験まで約3ヶ月と少し前の出来事です。体験授業で小論文を書く時、私は法律のことももちろん全く知らないし、本も読まない。新聞も読まないし、ニュースも見ない。さらに、小論文なんて人生で書いたことがなく、結局初めての小論文は一文字も書けませんでした…。課題文に対して自分自身がどう思っているか、何が分からないのかも分からなくて、文章にすることができない私に、先生が口頭で課題文に対する質問をしてくださり、私がどう思っているか、何がわかっていないのかを引き出し、説明してくれました。説明もとてもわかりやすく、この時、私の学習について真剣に考えてくださった先生のもとで学びたいと思い、入塾を決意しました。

 入塾し、入試まで残り3ヶ月という短い期間で私がやったことは、まず小論文でよくでるネタ本を一冊読み、読むだけでなく、内容を参考に小論文を毎日2〜3本書くということをやりました。間違っていても、とりあえず自分の頭で考えて書くことが実力をつける方法だと考えたからです。塾へは週に一回通い、自分の書いたものを添削してもらい、先生が選んでくださった課題をやっていました。その後も小論文の課題本を何冊か読み、問題をとき、塾で添削してもらうということを繰り返し、徐々に完成度の高い小論文が書けるようになりました。私は考え方が甘いところがあり、もうこれで完璧!楽勝!などと考え、自信満々で課題を提出することも多々ありました。しかし、課題提出のたびに様々な指摘を受け、凹み、まだまだもっと頑張らないといけない、と自分を律することができました。入試までの3ヶ月間は毎日ほぼ一日中入試の対策をしていました。小論文についての対策以外にも、ニュースを見たり、新聞や本、漫画を読んだり、必要な知識をつける為、自分が考えつく限りのことはすべてやってきました。その甲斐もあり、全くの素人の私でも合格することができたのですが、私一人の力では到底無理な挑戦でした。勉強は基本的には自分でするものですが、きちんとした指導者がいないと正しい勉強ができないと思います。先生はそれぞれにあった勉強のやり方を真剣に考えてくださり、的確な指導をしてくださります。今回の合格は先生のご指導のおかげであり、心から感謝しております。本当にありがとうございました。

【講師よりコメント】

Nさんから受験相談を受けたのは10月下旬のことでした。法科大学院とは卒業すると法曹(裁判官、検察官、弁護士)資格を得るための司法試験の受験資格を得られる大学院で、県内には唯一琉大のみに設置されています。県内の文系入試では最も高い難易度になります。その中でも1月のC日程という非常に枠の狭い試験(定員2名、A日程8名、B日程6名)を受けたいとのことだったので、少し怯んでしまって実績もないし他のところを探したらどうでしょうと言ったのを覚えてます(笑)不安はありましたが、初回授業時に体験授業で書けなかった小論文を再度自主的に書いてきており、それを読んだときに早くも「いけるかも」と思わされました。体験で話し合った反省が忠実に表現されている内容で、それは論理力、表現力が既に備わっているからこそ書けるものだったからです。さらに、行間を読むことができる高い読解力があることもすぐにわかりました。対して、弱点はこれらとはアンバランスなほどの知識不足で、知識がないゆえに思考を深められない状態にありました。これを克服するために自身で考えて課題文付きの小論文対策本4,5冊程をきっちり仕上げました。本当にすごい頑張りでした!が、それを添削するのは超大変でした!(添削するには答案だけでなく課題文も読む必要があり、長い課題文のついた答案を毎回5通ぐらい持ってきた。。。笑)直前一か月でとにかく過去問を、何度も解けたのは良かったです。考え方、書き方が安定しました。司法試験でも今回の経験が生きてくれたら嬉しいですね。志望理由書、面接対策では紆余曲折しましたが(かなり悩ませてしまったと思います、すいません)、それでもしっかり準備をしたこと、最終的には自分らしくやる方向にしたことが結果につながったのだと思います。

Nさんへ 本当によくがんばりました。という言葉しか出てこないぐらい頑張りましたね。でも法科大学院入ったらこれが3年間・・・笑 その信念と実行力があればきっと司法試験も大丈夫でしょう。院ではいい先生に出会い、迷わず突き進めるといいですね。長所(結局今も自覚ないはず)を活かして将来活躍することを願ってます。
また、この経験は私にとっても自信になりました。体験記に書いてくれたような的確な指導だったかはわかりませんが、真剣に考えたと思ってもらえ嬉しいです。難しいミッションだったがゆえ力が入ったのは事実です笑 貴重な経験をさせてくれて本当にありがとうございました。楽しい3か月でした。(屋良)

かけこみ小論文対策

大学受験シーズンです。リシュではかけこみでの小論文対策を受け付けています。

小論文対策は独学では難しいので、学校での対策が十分でない方はぜひリシュで対策しましょう!志望校に合う方法で、短期間でも効果が出るように指導します。

電話・メールで気軽にお問い合わせください。

公務員コース生徒募集

リシュでは公務員コースの生徒を募集しています。

リシュの強みは常に個別で対応することはもちろんのこと、特にメイン科目(数的処理・経済科目・法律科目)の指導と、個人に合わせた受験戦略の見極めと実行にあります。メイン科目に苦手がある方、社会人で勉強時間が限られている方はぜひ一度リシュに体験に来てください。できる限りのアドバイスをさせて頂きます。その上で、リシュに必要性を感じていただけたら受験までサポートさせていただきたいと思います。もちろん初学者の方も大歓迎です。

電話、メール等での気軽なお問い合わせをお待ちしております。

【合格体験記】Mさん(社会人)

沖縄県庁(上級行政)最終合格

 これまで私は県庁と市役所の採用試験をそれぞれ数回受験してきましたが、一次試験合格に10~20点足りずに不合格といった状況が続いていました。大学の学内講座や大手予備校を利用したこともありましたが、私は映像学習にも大人数講義形式の学習法にも馴染めず、どちらも長続きしませんでした。昨年度の受験では独学で自分なりに頑張ってみたのですが、得点は県庁・市役所どちらも合格点には十数点及ばない結果に終わってしまいました。

 私のアキレス腱は専門科目にありました。大学の受験勉強などで多少なりとも知識のベースがある教養科目はともかく、これまで関わることの少なかった法律や経済学の知識が問われる専門科目はどう勉強してよいかわからず、ノウハウとモチベーションの両面で行き詰っている状況でした。そんな状態の私がリシュに通い始めたのは3月のことです。過去問を解いて今の実力を見ていただいたうえで、専門科目の憲法・民法、ミクロ・マクロ経済学を重点的に指導していただくことになり、まずは憲法とミクロ経済学の易しい参考書を一冊終わらせることを目標に取り組み始めました。

 どちらの科目もほとんど一からのスタートでしたが、先生は毎回わかりやすく教えてくださいました。私は参考書や問題文中に仕組みが理解できなかった部分や疑問に思ったことがあると(たとえ試験に直接関係のない事柄であっても)どうしても気になってしまうタイプなのですが、先生はそのような質問に対しても法学なら根拠となる条文や判例を引いて、経済学なら実際に該当する財や消費者心理を例にとって一つ一つ説明してくださいました。実際の事例とリンクして考える経験ができたことで、試験問題で理解を問われる原理原則をスムーズに飲み込むことができたのだと思います。苦手だった法学と経済学でも得点できるようになり、初めて一次試験を突破することができました。

 沖縄県庁上級行政二次試験の試験科目には小論文と集団討論、個人面接があります。私は文章を書くのが苦手だったので、小論文に関しては知識面より文の構成や展開に重点を置いた小論文対策を行いました。集団討論・面接対策は自分の強みやアピールポイントを生かせるようなアドバイスを頂けたように感じました。本番では緊張こそしましたが自然体でよどみなく答えることができ、思っていた以上の得点で合格することができました。

 入塾したのが試験4か月前という遅いタイミングだったため今年度中に合格するのは難しいと考えていたのですが、先生のご指導のおかげで無事に合格することができました。私の場合、試験対策というより「その学問分野について教えてもらっている」という、塾よりも大学のゼミに似た感覚がありました。教室に通うたびにこれまで距離を感じていた法律学や経済学と自分とのつながりを意識するようになり、それが学習モチベーションの向上や応用力の向上につながったのだと思います。

 思い返すと、私は非常に手のかかる生徒だったかと思います。そんな私を合格まで導いてくださり、勉強の楽しさまで教えてくださった先生には感謝の思いでいっぱいです。大手予備校でも独学でも伸びなかった私はきっとリシュだから合格できたのだと思っています。本当にありがとうとざいました。

【講師よりコメント】

 先日、3年前に卒業した生徒がサプライズで遊びに来てくれました。しかも、渡すのを忘れていたという2パターンの合格体験記を持ってきてくれたので両方ともありがたく頂戴して、よりMさんっぽい方を掲載させて頂きました。相変わらず面白いしゃべりに、一緒にコーヒーを飲みながらゆくってばっかいたことばかりが思い出されたのが、帰った後に体験記を読むとじわじわと当時を思い出すことができました。

 体験記にある通り、Mさんはよく面白い質問をしてくれました。それに十分に答えられたかどうかは覚えていませんが、試験対策というより学問として一緒に楽しめたのはよく覚えています。学生時代は専攻分野に本格的に取り組んでいたようなので学問としてアプローチする方法が効果的だったのですね。ちなみに私も自身の大学受験を経てからは試験対策より学問するほうが性に合うようになりました(試験対策は辛い…のでリシュでは科目が面白くなるよう工夫する努力をしています)。ただ、独学の方は学問として深入りすることには注意が必要です(時間がいくらあっても足りないのである程度の理解で切り上げるべし)。文章が苦手と書いてますが、体験記を読めばわかるように文章はかなり上手く受験者の中でも最上位だったと思われます。知識も豊富で、特に専攻分野については私もいろいろ教えてもらっていました。しかし、この体験記はやり過ぎ(リシュを上げ過ぎ)です!

Mさんへ まさか3年越しの合格体験記を手にするとは思いもしませんでした。本当にありがとう。卒業後一度メールしたときに、忙しい中メールを返してくれたこともありがとう。もっと大人になってるかなぁと思っていたけど変わらず(いい意味で!笑)、仕事にも周りにも恵まれて順調なようで安心しました。またY君とでも一人でも遊びに来て!(屋良)

【2023年度】公務員試験対策 体験授業

来年度の公務員試験対策を開始するにあたり、来週より体験授業を受け付けます。興味のある方は気軽にご連絡ください。

予備校選びに困ってる方や、これまでのやり方で結果を出せなかった方などに、これからの勉強方法の選択肢の一つとして比較していただけたらと思います。体験授業に来て頂けた際にはそれぞれにあった戦略、勉強方法もアドバイスさせていただきます。

市町村の試験が終わったばかりで疲れている方も多いと思いますが、6月試験を目指されてる方は少しずつでもいいので早めに動きだしましょう。

指導システムの変更

この度、指導システムの一部を以下の通り変更することにしました。

一回の授業時間 90分→最大3時間(18~21時)

※自習時間90分は廃止

これまで指導90分自習90分としていましたが実際には指導と自習の境が曖昧なこと、指導時間が90分では足りない場合が多く結局3時間近く指導することが多かったことが変更理由になります。

一回の授業を最大3時間としているのは希望であれば3時間受けられるということで、これまで通り90分程度でも構いません。また、時間内であれば始める時間も終える時間もご自身の都合に合わせてよいことになるのでこれまでより通塾しやすくなると思います。

更に良い学習環境、指導方法を確立できるよう努めてまいりますので、ひきつづきご愛顧のほどお願い申し上げます。

【大学入試】総合型・学校推薦型選抜入試対策

リシュでは総合型・学校推薦型選抜入試の対策を専門に行っております。

短期間の準備でも小論文を書けるようにするために、個人に合わせて指導方法を工夫しています。志望理由、学習計画、面接も同様に個性を重視して、これを表現できるように対策します。

受験まで同一講師が対応するので、より深く掘り下げて議論、話し合いができます。独学や添削ではできないリアルタイムでの双方向のやりとりで、自分の考えの良い点悪い点や、よりミクロな、またはよりマクロな視点、さらには全く別の視点を確認でき、考えを発展させていくことができます。この点がリシュの最大の強みです。

国内のほとんどの大学・学部に対応できますので塾・予備校をお探しの方はぜひご相談ください。

【合格体験記】Oさん(社会人)

那覇市役所(消防職)最終合格

僕の簡単な自己紹介をすると、これまで那覇市の消防吏員を目指して5回受験し、全て一次で落ちてました。その落ち方も毎回ボーダーギリギリで落ちていたので、来年は大丈夫とずっと独学で勉強してました。しかし受験年齢も差し迫り、受かる保証もないので、公務員塾で調べた結果、ここの〝Li-Shu HRD(リシュ)〟が働きながら通える条件にも良さそうだったので、入塾を決めました。

 結論から申し上げますと、ここの塾のおかげで合格することが出来ました。塾の流れは先生から与えられた課題をこなしていくものでしたが、この課題が実に的確で、僕の苦手分野を付いていくような指導をしてくださいました。ここが参考書との睨めっこでは決して埋められない、塾での個人授業の強みだと感じました。毎週塾に通い、数的処理を主に行い、それ以外は自分で暗記科目を進めていく流れで試験まで進みました。その甲斐あって、初めて一次試験を通過することが出来ました。

 二次試験に至っても、重要な論文、個人面接の分野でもしっかり対策していただき、初の二次試験でもさほど気負いせず臨むことができ、結果として最終合格をいただきました。

 本当もっと早く通えば良かったと心底思ってます。僕が勉強する上で大事にしたのはリズムです。オンオフをしっかりして、出来る日と休む日を明確に決めて効率良くやりました。中途半端が1番良くないです。1年間独学で勉強していくのはなかなか厳しいものがあります。無理なく続けられる方法をご自身で確立していくのが1番です。僕の場合、毎週の塾が上手く噛み合っていいリズムが作れたと思ってます。
 二次試験の面接ですが、人と話すのは元々好きだし得意な方でした。それは僕の性格や経験から形成されてると思うので、それが苦手な人もいるでしょう。それを克服するためには積極的に他人と話すようにする。これに尽きると思います。例えば店員さんだったり、分からなければ施設の職員に訪ねるなど。こう言った積み重ねが人と話す緊張感を無くしてくれます。
 長くなりましたが、一次試験は自分との闘いです。ここを突破しなければ何も見てもらえません。
しかし勉強だけ出来ても受からないので、人と話す癖をつけていれば二次試験も大丈夫だと思います。

 冒頭にも言いましたが、僕は5回一次で落ち、6回目で合格しました。最後まで諦めず、夢を勝ち取ってください。同じ境遇の人の励みになれれば幸いです。
 本当にありがとうございました。

【講師よりコメント】

体験授業に来た時点ではわかりませんでしたが、本授業に入ると数的推理の解き方に迷いがあることがわかりました。そこで全て方程式でゴリゴリ解く方法を教えると期待以上に早く習得してくれて、入塾2か月では多くの問題を方程式のみで解けるようになりました。その後はテーマを潰しながら弱いところを強化していくという方法で順調に実力を伸ばすことができました。
那覇市消防職の二次はかなりの難関ですが、これも難なくクリアしてくれました。体験記には話すのが好きだからと書いていますが、実際は快活で律儀で大人としてお手本のような方で中身も伴っています。私も見習う部分が多々ありました。

Oさんへ 改めて、長年の目標・夢の達成おめでとうございます。大人でも、強い気持ちを持って挑戦することはすごいし、素晴らしいと間近で感じさせられました。体験記を読んで、私も挑戦しようという気になりました!笑
いろいろな話をしながらの授業で生徒というよりは仕事の後輩ぐらいな感覚だったので、これから更に楽しく活躍していくんだろうなーと容易に想像できます。那覇市消防吏員として活躍しているところを消防車好きな息子と応援しに行くのでトップを目指してこれからもがんばって!(屋良)