【合格体験記】Yさん(当時看護専門3)

名桜大学人間健康学部看護学科 3年次編入試験合格

私は、看護専門学校に通いながら、興味のあった保健師の資格を取ることができる看護大学の編入を考えていました。学校の先生に相談するものの、具体的な行動に移すことなく3年生になっていました。そんな時に、看護学校の先輩のつながりで私が志望する大学に合格した方とつながることができました。そこで、Li-Shuを知り、試験の2か月前から塾に通い始めました。

試験内容は、漢字や要約が含まれる小論文でした。塾は週に1回でしたが、当時は実習と就職活動が並行して進んでいたので、忙しい日々を送っていました。塾では、週に1回の授業日に書けた分の小論文を出し、アドバイスや添削を受けました。しかし、実習は毎日記録物があり、実習の記録物で平日は深夜になってしまうので、土日に一気に書いていました。本当は、コツコツ書いた方がいいのかもしれませんが、自分のスケジュールを考えた結果、このような方法になりました。自分は、要約が苦手だったので、先生のおすすめの参考書や過去問でひたすら練習しました。また、小論文もうまく書けず、はじめは、もっと早く入塾すべきだったのではないかと後悔しました。しかし、先生の指導と自己肯定感の上がる声掛けで、自分なりの小論文を書くことができるようになりました。1週間に書いた小論文の量としては、1~3本書いていました。小論文を書く際に必要なこととして、看護学校時代に感じたことや学んだこと、体験したエピソードだと思いました。また、出題されるテーマが看護の領域に関係してくるので、看護の教科書を広げて知識を確認し、書くこともありました。なので、文章が苦手な方でも看護が好きな方なら徐々に小論文を書くことが好きになるかもしれません。また、これは余談ですが、私は、終末期看護がテーマの小論文を書くのが苦手で、本番に終末期看護が出題されないことを祈っていました。しかし、私の受験した年の小論文テーマは終末期看護で、試験が始まった瞬間「終わった…。」とも思いました。しかし、これまで塾で教えてもらったことを思い出しながら、小論文を書いた覚えがあります。

 現在は、志望した大学に入学し、気の合う友人もでき、楽しいです。もちろん、課題もあり、忙しいです。しかし、課題の内容としてはレポートが多いので、小論文を書いた経験が生きているなと今感じています。編入試験は周りの人と比べてやることが多くなり、弱気になることも多いと思いますが、なにごとも無駄なことはなく、全てつながってくるので、いま目の前のやるべきことを一生懸命、丁寧にやれば結果につながってくるのではないかと私は感じています。

最後に、Li-Shuの先生方、2か月という短い間ですが、遅くまで指導するなど、親身になって対応してくださり、ありがとうございました。また、公務員試験でもお世話になる可能性があるので、その際はよろしくお願いしますね。

【講師よりコメント】

大学が夏休みに入ったとのことで、去年名桜大の編入試験に合格した3名が前にお願いしていた合格体験記を持って遊びに来てくれました。講師冥利に尽きます。変わっても(髪の色が明るくなったとか)変わらない3名でした。

看護学生は文章を書くのが速いのですが、その中でもダントツに速かったYさん。授業の90分で2本書くのは当たり前、宿題の小論文をいつも大量に持ってきて読むのが大変でした。。。そしてよくしゃべりました。

最初の頃は課題文の読みが甘く、ゆえにエピソードがずれて書き直させることが何度もありました。しかし、すぐに本質を探りこれに応えて書くことができるようになり、1か月半程度では合格レベルの答案が書けるようになっていたと思います。私が評価できるレベルを超える答案を書くこともありました。たまに文章を飾る癖がありましたが、この合格体験記はお利口さんな文章で安心しました。

Yさんへ 相変わらずのマシンガントークで久しぶりに癒されました。誰に対しても、何に対しても熱心(crazy)に対応するスーパーウーマン。とにかく唯一無二の存在で、この先、その先の行く末がかなり気になるので、これからも様子を伺うのでよろしくです。首里にいるときは遊びにきてください!(屋良)

【合格体験記】 Tさん(大学4)

沖縄県庁(上級行政)最終合格

  • 国家一般職(大卒程度) 一次合格
  • 九州地区国立大学法人(事務) 一次合格

私は試験の約一年前の7月くらいから地方上級試験に向けた勉強を開始しました。大学の公務員試験対策講座もありましたが、授業形式の勉強は苦手だし、自分のペースで勉強したいと思い個別塾に入塾することを決めました。7月くらいに初めて塾に行き、公務員試験の科目や合格ラインについて説明を聞いたときは、勉強したことのない科目の多さに正直怖じ気づきました。先生にも「現役で合格するのは厳しいんじゃない」と言われたのを今でも覚えています。でも、絶対に現役で合格したいと思っていたので、始めの数ヶ月は学校の課題やアルバイトと並行して、数的判断、経済学、憲法など配点の高い教科から順に勉強していきました。私は夏休みに約一ヶ月間旅行に行く予定を立てていたので、その分スピードを意識して勉強していました。年明けくらいには、法律や経済学、数的判断などの主要科目の勉強をある程度終わらせるつもりでしたが、各科目の内容が想像より重く、計画よりも大幅に時間がかかってしまい、残りの科目の勉強を試験直前で詰め込むようなかたちになってしまいました。試験1ヶ月前は、10時間くらい勉強する日もありました。

 公務員試験の勉強は、初めて勉強する科目が多く、最初は勉強の仕方や各科目の内容の難しさ、さらに先の見えない恐怖で不安がたくさんありました。初めて勉強する科目は、参考書を何回読んでも理解できないことも多くあり、勉強を投げ出して、遊びにいくこともありました。しかし始めはわからなくても、問題を解いたり、全体を学習するうちに理解できるようになることも多くありました。つまり、最初が一番大変だったわけです。最初の苦難を乗り越えると、徐々に問題が解けるようになったり、他の教科の知識と関連してさらに深い知識に繋がることもあり、それが勉強する楽しさになっていたと思います。

 今振り返って思うと、私が勉強をする上で一番意識していたことは、「効率」だと思います。どのような勉強をすれば、最小の努力で最大の効果を得られるか、ということを考えていました。例えば、捨てる科目を決める、応用問題は一切解かない、参考書を読み返すよりも過去問を解く、ということをしていました。最終的には、試験で問題を正解しなければいけないので、過去問を中心に勉強し、確実に解ける問題を増やすということを意識して、本番を見据えた勉強をしていました。私は勉強量と得点率が比例するとは思っていなくて、勉強の仕方を工夫することが重要だと思います。

 最後に、私はこの一年間で全く勉強しない日もたくさんありました。しかし、「絶対合格してやる」という気持ちは常に持っていたと思います。公務員試験の勉強は、長く厳しい道のりですが、目標を持ち続けて勉強することが何よりも大事なことだと思います。 

【講師よりコメント】

彼女に「現役で合格するのは厳しいんじゃない」と言った記憶が全くありません。逆に「塾に通う必要ある?」とはよく言いました。大学の公務員講座を受けてる人達みたいにたくさんは勉強できない、と言っていたことはよく覚えているので少しビビらせるために言ったのかもしれません。が、全く平然と、今まで見たことないスピードで各科目を攻略し、本当に少ない勉強時間で第一志望に最終合格してしまいました。

学習スピードが異常に速く、それでいて公務員試験を超えるかつ本質を深く突く質問が多かったのが印象的です。ある程度理解が進むと塾はほとんどペースメーカーとしての役割しか果たさなかった気がします。完全理解型で暗記が嫌いで、暗記作業に入ったのは試験1か月前からでしたが、これも予想を超える速さで予想を超える範囲を準備しました。特筆すべきは二次試験への対応力で、一番不利な日程で大して対策することができなかったにもかかわらず、これまた見たことない点数(一部は満点)を取りました。

Tさんへ 正直、学校の勉強、アルバイト、遊びも本気で並行して、現役でこれだけ上位で合格するとは思っていませんでした。現役で合格するのは厳しいんじゃないと言ったことを謝ります…笑  Tさんには沖縄の未来を切り拓く力があると思っています。なので沖縄県庁にこだわっていることを実は嬉しく思っていました。時が経って、今度は仕事の話を聞けるのを楽しみにしています。改めて合格おめでとうございます。(屋良)

ガイドラインについて

「沖縄県新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドラインの作成について」に従いリシュのガイドラインを作成しました。

生徒の皆様とその他来塾される方は必ずお読みになり、記載内容にご協力して頂くようお願いします。

このガイドラインは随時改善します。皆様が安心して勉強に取り組めるように最大限努めますので、お気づきになられた点がございましたらご指摘いただけると幸いです。

新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン(Li-Shu HRD)

営業再開のお知らせ

【休業期間】

事前告知通り5月15日㈮まで休業します。

【授業再開日】

5月17日㈰までに「沖縄県新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドラインの作成について」に従いガイドラインを作成し、ウェブサイト上及び教室各所に掲載します。授業の早期再開を希望し、かつ、ガイドラインに記載された内容に協力していただける方につきましては、5月18日㈪より授業を再開させていただきます。その他の方は6月1日㈪より授業を再開します。

【新規入会について】

新規生徒の入会受付は6月からとなります。ただし、事前相談、体験授業等は5月18日から受け付けます。

以上、不明な点などありましたら電話・メールにてご相談ください。

休業のお知らせ

【休業期間】

本日発表された新型コロナウイルス対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を受けた沖縄県実施方針に基づき、明日4月23日から5月15日まで休業します。

【再開予定と5月受講料】

現在のところ、通常授業は5月18日からの再開を予定しております。ただし、状況によっては延長する可能性もあります。

4月4週目(23~28日)までに組まれている授業につきましては来月の通常授業に振り替え、5月休業中の授業は完全中止にしますので、予定通り再開した場合の5月受講料は、通常の半額から振替分を差し引いた額になります(ほとんどの方が1/4額)。

不明な点がございましたら電話またはメールにて問い合わせお願いします。

【公務員試験】経済科目について

◇法律科目と並ぶ重要科目

経済科目はミクロ経済学、マクロ経済学、財政学を指し、地方上級で40問中12問、国家一般職で40問中15問(選択制)、市役所試験で40問中14問程度と、専門科目では法律科目に次ぐウェートを占める重要な科目です。

◇難易度と勉強方法

学部初級程度の内容がほとんどですが、これを学問として理解するにはややこしい証明や高度な数学が必要な場面があるので、公務員試験を解くための勉強だと割り切れることが合格への近道です(学問として勉強するのは楽しいですがかなりの時間を要します)。いきなり過去問を解くという勉強方法もあるようですが、初学者の方は公務員試験向けの導入本を最初に読むことをお勧めします。
数学的な考え方を必要とするため苦手とする方も多いですが、パターン化されている頻出問題を押さえれば苦手な方でも6割程度は得点できます。近年の地方上級などでは理論問題が中心に出題されるため、計算問題を中心にした勉強では対応できないことがあります。試験によって出題傾向が異なるため、第1志望に合格したい方は志望先の出題傾向に合わせた勉強をしたほうがよいでしょう。

◇ミクロマクロより財政学

公務員試験で経済学といえばミクロマクロですが、実際に官庁に入ってから必要な知識は財政学の内容です。問題数においても教養試験を合わせるとミクロマクロに匹敵することがありますし、難易度的にもミクロマクロより易しく範囲も狭いので、得点すべき優先度からいうと財政学が最も重要です。

【合格体験記】 Nさん(高3)

立教大学社会学部 自由選抜入試合格

私の入試は、一次の書類審査では調査書と社会学に関するレポートの提出、二次がそのレポートの口頭発表と質疑応答と小論文でした。

一次審査のレポートのテーマは、塾の先生と相談して決めました。一次審査は無事通過することができました。

二次審査は私の学校は推薦試験に強かったので、口頭発表の対策は学校でやって、小論文の試験は塾で対策しました。学校では主に担当の先生の前で発表して改善点を指摘してもらい、あとはひたすらいろんな先生に自分のレポートに対する質問をしてもらいました。また、小論文に関しては、立教の小論文の問題の出し方は少し変わっていて、与えられたテーマに関することを書くだけじゃなくて、5〜7個くらいの指定されたワードを全て使って書かないといけないという難しいものだったので、私は小論が一番心配でした。

塾での小論対策は、先生が用意してくれた問題をひたすら解いて小論の書き方を覚えました。また、先生が貸してくれた社会学の本も読みました。この本で得た知識は小論を書くときにすごく役立ちました。

また、私が家で自分で取り組んだことは、小論文でどんなテーマが出てもいいように、また、質疑応答でどんなことが聞かれてもいいように家でニュースをたくさんみて、社会情勢を広く知ることと、知らない単語が出たらすぐ調べること、またニュースを見ながら自分の考えをある程度持っておくことを意識しました。

本番の試験では面接で予想とは違う質問もされて正直焦りましたが、先生から借りた本と普段見ていたニュースの知識のおかげでなんとか答えられることができ、小論もスムーズに書くことができて、無事合格することができました。

わたしは最初、東京の文系の大学ということしか決めていなくて、大学も学部も何も決まってない状態で入塾して、そこから、先生が進路選びに関してアドバイスをくださり、それが自分の進路選択に大きく役立ちました。第一志望合格まで導いてくれた先生に感謝してます。ありがとうございました。

【講師よりコメント】

もともとは数学と英語を克服するために入塾されましたが、受験に関しては高い能力を持っていた現代文読解を生かせる難関私大の一般入試を勧めていました。本人が立教大学の自由選抜入試の話をもってきたのは8月ごろだったと思います。小論文は書いたことがないと言っていましたが、試しに書かせてみるととても面白い文章を書いてくれました。小論文は大丈夫だとそのときに確信しました。立教大学社会学部の自由選抜入試は自由研究があることが大きな特色です。本人にどういう研究をするつもりか聞いてみると、これもとても面白い答えが返ってきました。調査方法に行き詰まり、提出直前で内容を一変して徹夜で書き上げることができたのも本人の能力と個性ゆえでした。

Nさんへ 結局はほとんど自分の力で将来を切り開きましたね!才能ある子をみることができたのはラッキーでした。自分の能力と個性を信じてそれが自然と伸びるような環境に身を置いてください。努力型とは言えないから苦行は合わないはずなのでね!(屋良)

【公務員試験】判断推理について

数的推理については⇒前記事へ

◇判断推理とは

数的処理の中でも数的推理ほど苦手意識を持たれていないのが判断推理です。実際、判断推理は数的推理のように算数・数学の基礎を理解していなければ解けないようなものではなく、パズルのような感覚で解けたりします。学校の教科では習わない公務員試験独特の科目です。

◇判断推理の勉強方法(上級・大卒程度)

数的推理が苦手でも判断推理は苦手ではないという方は結構おられます。そういう方にはまず判断推理を合格レベルまで上げることをおすすめしています。数的推理も勉強しなければならないと手を付けて、どちらも中途半端に仕上げて全く点数に繋がらないことは避けなければいけない勉強例の一つです。一次合格基準が6~7割程度の試験であれば判断推理と社会科学、人文科学、文章理解の正答率を上げることで十分合格可能ですので、数的推理を捨てて判断推理の正答率を上げるという戦略にも十分検討の余地があります。

数的推理を安定して得点できる方は、典型問題と直近数年分の過去問の解法を押さえるぐらいで良いでしょう。

初中級・高卒程度の受験生は、いうまでもなく落とせないところですのでできるだけ早く解くことを意識して勉強しましょう。

◇難問に関して

判断推理は必ずと言っていいほど難問が出ます。時間制限のある本番では時間のかかる難問は捨てなければいけません。したがって、受験勉強でも難問を解けるようになる必要はありません。ですが、合格レベルに到達していなければ解くべき問題と難問を区別することはできないというところが受験生としては悩みどころでしょう。

リシュでは個人の特性に合わせて戦略を練って、合格まで最も効率よく勉強できるようアドバイスしながら学習を進めます。独学に限界を感じたり、勉強方法に不安な方はぜひご相談ください。