【公務員試験】経済科目について

◇法律科目と並ぶ重要科目

経済科目はミクロ経済学、マクロ経済学、財政学を指し、地方上級で40問中12問、国家一般職で40問中15問(選択制)、市役所試験で40問中14問程度と、専門科目では法律科目に次ぐウェートを占める重要な科目です。

◇難易度と勉強方法

学部初級程度の内容がほとんどですが、これを学問として理解するにはややこしい証明や高度な数学が必要な場面があるので、公務員試験を解くための勉強だと割り切れることが合格への近道です(学問として勉強するのは楽しいですがかなりの時間を要します)。いきなり過去問を解くという勉強方法もあるようですが、初学者の方は公務員試験向けの導入本を最初に読むことをお勧めします。
数学的な考え方を必要とするため苦手とする方も多いですが、パターン化されている頻出問題を押さえれば苦手な方でも6割程度は得点できます。近年の地方上級などでは理論問題が中心に出題されるため、計算問題を中心にした勉強では対応できないことがあります。試験によって出題傾向が異なるため、第1志望に合格したい方は志望先の出題傾向に合わせた勉強をしたほうがよいでしょう。

◇ミクロマクロより財政学

公務員試験で経済学といえばミクロマクロですが、実際に官庁に入ってから必要な知識は財政学の内容です。問題数においても教養試験を合わせるとミクロマクロに匹敵することがありますし、難易度的にもミクロマクロより易しく範囲も狭いので、得点すべき優先度からいうと財政学が最も重要です。

【公務員試験】判断推理について

数的推理については⇒前記事へ

◇判断推理とは

数的処理の中でも数的推理ほど苦手意識を持たれていないのが判断推理です。実際、判断推理は数的推理のように算数・数学の基礎を理解していなければ解けないようなものではなく、パズルのような感覚で解けたりします。学校の教科では習わない公務員試験独特の科目です。

◇判断推理の勉強方法(上級・大卒程度)

数的推理が苦手でも判断推理は苦手ではないという方は結構おられます。そういう方にはまず判断推理を合格レベルまで上げることをおすすめしています。数的推理も勉強しなければならないと手を付けて、どちらも中途半端に仕上げて全く点数に繋がらないことは避けなければいけない勉強例の一つです。一次合格基準が6~7割程度の試験であれば判断推理と社会科学、人文科学、文章理解の正答率を上げることで十分合格可能ですので、数的推理を捨てて判断推理の正答率を上げるという戦略にも十分検討の余地があります。

数的推理を安定して得点できる方は、典型問題と直近数年分の過去問の解法を押さえるぐらいで良いでしょう。

初中級・高卒程度の受験生は、いうまでもなく落とせないところですのでできるだけ早く解くことを意識して勉強しましょう。

◇難問に関して

判断推理は必ずと言っていいほど難問が出ます。時間制限のある本番では時間のかかる難問は捨てなければいけません。したがって、受験勉強でも難問を解けるようになる必要はありません。ですが、合格レベルに到達していなければ解くべき問題と難問を区別することはできないというところが受験生としては悩みどころでしょう。

リシュでは個人の特性に合わせて戦略を練って、合格まで最も効率よく勉強できるようアドバイスしながら学習を進めます。独学に限界を感じたり、勉強方法に不安な方はぜひご相談ください。

【公務員試験】法律科目について

◇法律科目は最重要

公務員上級試験における法律科目は合格するための最重要科目です。専門試験において、地方上級、市役所試験なら憲法行政法民法刑法労働法で40問中17問、国家一般職なら憲法行政法民法で40問中20問と専門試験の4~5割を占めます。さらには教養試験でも1~2問出題されます。問題の難易度は中程度で安定しており、きちんとした勉強をしていれば安定して得点できるようになります。個人の特性にもよりますが、一般的には法律科目で高得点を狙い、経済科目、行政科目はキープ程度の得点を狙うのが最も効率的で確実性の高い戦略です。

◇法律科目の勉強方法

公務員試験では各法の最も重要な条文と判例の知識と理解が問われます。同じ素材(条文・判例)が表現を変えて何度も繰り返し出題されます。
素材自体は限られているので、その限られた素材をしっかり理解することが重要です。多くの受験生は過去問を解いたら解答解説を読むという作業で終わってしまいますが、リシュではその際に六法と判例集を参照するようにしています。素材自体をきちんと読み込んで理解することができればどのように表現を変えられていても、どのような角度から問われても正解することができると考えているからです。
六法も判例集も初めは引くのも面倒くさく、読むとなると拒否反応が出る方もいると思いますが、少し慣れてしまえばこれらなしで法律を勉強することの非効率と無意味さを理解するでしょう。

◇仕事でもっとも役立つ

法律科目の勉強は実務に出て唯一直接仕事に役立ちます。実務では日々法的判断を求められ、ときには難しい問題にも出会います。将来の仕事のために、という意識をもって法律を勉強すると集中力も吸収力も変わってくるかもしれません。

【公務員試験】数的推理について

◇数的処理の中の数的推理

公務員試験の教養試験で最も多く出題され最も厄介とされているのが数的処理です。上級試験では市町村(スタンダード)40問中14問、地方上級50問中16問、市役所(ロジカル)になると40問中18問、国家一般職40問中16問と満点の4割以上を占めます。

数的処理は数的推理と判断推理で構成されますが、多くの受験生が苦手としているのは数的推理のほうです。

◇数的推理とは

数的推理は主に比・割合、方程式、整数の性質、確率から成ります。比、割合は小学校の算数、方程式は中学数学、整数の性質、確率は高校数学で習いますが、公務員試験で問われるのはその基礎的知識を利用して柔軟に考えられる能力があるかどうかです。知っておかなければならない基礎的知識はかなり初歩的なものですが、しっかり理解していなければ解くことができません。

特に重要なのが比・割合です。ここでつまずいて算数・数学に苦手意識をもつようになった方はとても多いと思います。しかし、一旦理解して感覚として身につければ、さまざまなことを考える際の便利な道具になります。

数学の得意な方や理系出身の方は数的処理の中でも数的推理が楽という方が多いです。判断推理は処理に時間がかかるのに対し、数的処理は短くて済むからです。

◇数的推理の対策(初中級・高卒程度)

初中級・高卒程度試験は一次突破ラインが極めて高く、数的推理を捨てることはできません。しかし、上級・大卒程度試験に比べると問題の難易度が低いので、先述のとおり基本を理解してある程度の演習を積めば安定的な得点源となります。逆に言えば、基本の理解なくして合格は望めないでしょう。

◇数的推理の対策(上級・大卒程度)

上級・大卒程度試験は問題自体の難易度は初中級レベルの易しいものから試験ではとうてい解くことができないだろうものまで入り混じっています。一般的には市役所、地方上級、国家一般の順で難易度が上がります。

対策としては得点すべきレベルの問題を中心に演習し、本番で解けないような難問は捨てるという意識で数的処理のみに時間をかけ過ぎないことが重要です。難問にかける時間は人文・社会科学や専門科目にあてるほうが合格という見地からは効率がよいです。

◇リシュの対策

数的推理が苦手な方は比・割合、方程式を理解することから始めます。実際にリシュに通われるほとんどの方は数的推理を克服する目的で通塾されています。みなさん公務員試験を目指すだけあり熱心に取り組むので、初中級レベルはすぐに解けるようになります。
上級レベルは苦手な人にとってはやはりハードルが高いようで、本番で出題されたら解くべき問題を中心に取り組むようにして、数的推理の5~6割の得点を目標にしています。

苦手でない方には過去問をどんどん解いてもらっています。それでもやはり捨てるべき問題はあるので、そこにこだわらないよう注意しながら進めています。

【公務員試験】年明けからの勉強方法

6月の公務員試験を目指している方はここからが勝負だという時期になりました。この時期までにメイン科目を一応通している方は、メイン科目のレベルを上げていくことに加え、サブ科目の暗記を少しずつしていかなければなりません。これから勉強を始めるという方は、かなり厳しい戦いになります。が、絶対に無理というわけでもありません。近年の公務員試験は受験者数の減少により、かなり低い点数でも一次試験を通る場合があります。

どちらにしても、ここからは一定の勉強量を確保し、6月にピークを迎えるような勉強方法をとっていかなければなりません。まだ焦る必要はないのでメイン科目の苦手分野にもじっくり取り組むような、理解ありきの勉強を続けてください。苦手科目・分野を暗記で押し切るという方法はとるとしても試験2週間~1か月前からするべきです(さっぱり捨てるというのも戦略によっては有りです。)

先述したとおり、公務員試験の一次試験合格はかなり易化傾向にあります。少しでも興味があるのであれば挑戦する価値はあると思います。試験内容や仕事の種類について知りたいという方はぜひ気軽にご相談ください。

【合格体験記】 Mさん(既卒女性)

・国家一般職(大卒程度)最終合格
・沖縄県庁(上級病院事務)最終合格

以前、私はネットや本で情報を集め自分なりに計画を立てながら勉強を進めていました。勉強は好きなほうで勉強量は多かったのですが、本番で点数に結びつかなくて(得点率3割程度)公務員試験なんか絶対に合格できない!無理だ!難しすぎる!と筆記試験に対しとても大きな壁を感じていました。理由がわからないほどスランプに陥っている時期にリシュで体験授業を受け、努力はしているつもりだが全然点数にならないと状況を説明し、相談して個別指導でやっていく事に決めました。

憲法民法行政法などの法律科目はとても得意になりました。勉強の仕方が全く違いとても驚きましたが、効率よく頭にインプットされたと同時に法律科目の土台となる条文の大切さを学びました。ミクロマクロや特に数的は基礎からやり直しました。数的や資料で必要な割合や、日本史世界史などの歴史分野がとても苦手で苦労しました。自然科学や人文科学は、先生のおススメ本を素直に最後に詰める事で時間的にも、勉強量的にも比較的楽に点数に繋がりました。政治学や行政学などは、コツを教えてもらい問題集をガツガツ解かなくても楽に点数が安定し、社会科学や時事の勉強も効率よく学ぶ事で本番にも間に合い、しっかりと点数を稼ぐことができました。筆記試験合格するまでの最善の方法をとれた気がします。国家一般職の専門科目は8科目の選択制ですが、どの科目をとるか本番一ヶ月前まで迷っていた私に、先生がアドバイスをくれそれを信じ本番に挑みました。財政学はアドバイス通り、本当にちょっと勉強しただけで、本番は余裕で満点をとれました。

勉強よりも苦戦したのがモチベーションです。試験範囲がとても広く、長期的な試験なのでモチベーションの維持がどうしても厳しくなります。個別指導だったこともあり、心が折れそうになっても塾に通うことでアドバイスや励ましがもらえたので、最後までモチベーションを維持することができたのだと思います。他の生徒とも仲良くなったり、1人で勉強しに来たりと自由に勉強ができました。

国家の二次試験は、人事院面接があり、これとは別に官庁訪問や官庁面接があります。県庁の二次試験は、論文試験、集団討論、個人面接があります。私はどちらも一次合格したので1ヶ月の間に、これらの面接や集団討論、論文対策や、面接カードの修正、面接の練習を全てやり大変でした。

面接に関しては、ハローワークやキャリアセンターも利用し最低でも1日に1回は面接の模擬練習をしました。面接カードの修正、読み直し、自分の面接ノートや、パンフレット、ホームページを何度も見て気持ちを高めることで、本番では自信を持ち強い姿勢で挑戦することができました。

論文試験は、病院に関する知識や情報を集め論文を実際に書いて練習したり、個人面接は、模擬練習や、面接カードの修正、その省庁や志望先に合わせ理念や課題点、これまでやってきた事などの情報を集めたり、自分がここでしたい事を深く掘り下げてどこから質問されても答えられるようにしたり、入退室の練習や自分の長所や人柄を上手く相手に伝えられるように意識したり何度も練習をしました。集団討論では、県庁の論文試験の時に初対面の受験生を集め仲間を作り、集団討論の練習を塾や大学、ファーストフード店の場所を借りて5回ほどやりました。さらに隙間時間があれば、ホームページの情報をチェックしたり、面接カードを頭に入れたり、自分の面接ノートを整理したり、自己分析したりと最後まで頑張りました。

過去には筆記試験で点数が取れずに、合格の文字が見えずに、何度も無理だと思い、でもここまで来たからと葛藤の中苦しい時間が流れていました。 個別指導で弱点や自分に合う勉強スタイル、教養から専門試験、二次対策まで全て教わり、 勉強を楽しく効率よく、質を高める事で自信になり、最後まで頑張ることができました。先生が公務員だった頃の話もよくしてくれたので仕事に対するイメージを持つ事もできました。 そのおかげで、今年に入って初めて筆記試験に受かり、しかも教養も専門も自己最高点を取ることができ、県庁と国家一般職をどちらも最終合格することができました。公務員試験は、科目も多いし、範囲も広いし、覚えても忘れるし、経済や数的はわかりやすい参考書や問題集を見ても全く意味わからないし、法律は簡単なようで難しいし、モチベーション維持もかなり大変で、スランプに陥る人も多いと思います。どんなに頑張っても点数に繋がらない、そんなときは量より質の勉強に変えるべきです。正しい勉強法が本当にあります。

最後に、最後まで応援してくれた先生にはとても感謝しています。公務員試験に合格するなんて全然イメージも持てなかった私を、最後まで励ましてくれてありがとうございます!本当にこんな私でも合格できました!ありがとうございます!また遊びに行きます。

【講師よりコメント】

Mさんは予備校や独学で勉強していましたが、点数が伸びないとのことで入塾されました。暗記に頼りすぎていたのでまずは理解を伴う勉強へ転換できるように指導しました。その後は、努力を苦としない強みを生かし、常に現況を聞きながらそのとき一番必要であろう課題を課して、自身でそれをこなしていく勉強にシフトしました。 Mさんの努力には目を見張るものがあり、今回の合格は本人の努力の結果です。一次試験合格後は主体的に二次対策を進めるその計画性と行動力に驚かされました 。

Mさんへ 目標達成おめでとうございます。リシュ最初の合格体験記は最初の生徒であるMさんと決めていたので、ここに載せることができてとても嬉しいです。生徒がまだMさん一人の時期に何時間もつきっきりで指導したことを思い出すと感慨深いものがあります。これからは体を大事に、無理はせずに、ほどほどに頑張ってください。また遊びに来るのを楽しみにしてます。(屋良)

国家一般職の合格発表がありました

国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験) の第1次試験合格者が発表されました。リシュからも合格者が出ています。
http://www.jinji-shiken.go.jp/goukaku.html

リシュでは、来年の国家一般職、沖縄県庁の採用試験に向けて勉強を始めたい方の体験授業を受け付けております。勉強方法の相談のみでも大歓迎です。気軽にお問い合わせください。

沖縄県庁の合格発表がありました

沖縄県職員採用試験第1次試験の合格者が発表されました。
https://www.pref.okinawa.jp/site/jinji_i/8481.html

リシュからも行政Ⅰ、病院事務、警察事務の合格者が出ています。おめでとうございます。最後まで一緒に頑張りましょうね。

リシュでは外部生に対しても二次対策を受け付けております。詳細

市役所初・中・上級、沖縄県初・中級、警察官Bの対策も引き続き受け付けておりますので、気軽にお問い合わせください。